キーワード検索
タグから探す

収納アイテムの選び方特集!新生活・衣替えに大活躍すること間違いなし!

収納アイテムを購入したものの、収納予定のスペースにぴったりと収まらなかったり、思っていたよりも使いづらく感じたりで、結局のところ使うことなく物置の肥やしにしてしまっている・・・そんな経験、誰もがしたことがあるのではないでしょうか?

使っていない収納アイテムが家の中にいくつもある・・・なんてことにならないためには、きちんと使うことのできる収納アイテムを選ぶことが重要になります。

そこで、今回のコラムでは、収納アイテムの選び方特集として、新生活や衣替えなどのシーンで活きてくるポイントを一挙にご紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。

 

ポイント1:収納スペースに合ったサイズを選ぶ

収納アイテムを選ぶ際には、いざ使い始めるときに収納スペースに収まらなかったり、デッドスペースが生まれたりしないようにすることが大切です。

そのためには、購入以前にきちんと収納スペースのサイズを測り、それに合った収納アイテムを選択することが必要となります。

サイズを測る際に、よく注目するのは収納アイテムの幅と奥行きかと思いますが、場所によっては高さも意識して選ぶようにしましょう。

 

ポイント2:収納アイテムを置く部屋の雰囲気に合った色を選ぶ

収納アイテムを置く場所は、普段は目に見えないところであったり、逆にリビングなど常に人の目に留まる場所であったりと、さまざまかと思います。

特に、インテリアの一部となるような場所に収納アイテムを置く場合には、その部屋の雰囲気に合った色味の収納アイテムを選ぶようにしましょう。

片付けが苦手な方は、中身の見える透明や半透明の収納アイテムを使うようにしましょう。どこに何が仕舞われているのかが一目瞭然ですので、散らかりを防止してくれます。

リスの「スタックシステムケース シリーズ」は収納スペースに応じた適切なサイズを選べるだけのサイズバリエーションがあり、色味もインテリアを損ねることのない落ち着いた色合いが展開されています。

 

 

幅と奥行きを揃えながらも高さだけを変えたサイズバリエーションは、置く場所の高さ調整にも一役買ってくれ、サイドチェストとしても活用することができます。

 

 

「スタックシステムケース シリーズ」が気になった方はこちらをチェック!

ポイント3:丸いものよりも四角いものを選ぶ

収納アイテムの中には丸く作られているものもあるかと思いますが、丸いものは収納スペースに対してデッドスペースが生まれやすく、収納できる容量も四角いものと比べて少なくなりやすいです。

見た目を優先したり、おもちゃ箱や洗濯かごといったように、収納アイテムごと動かしたりするような場合には気にする必要はありませんが、四角い形の方がモノをしっかりと納めることができます。

 

ポイント4:収納スペースによっては収納アイテムの素材にも目を配る

収納アイテムを置く場所はリビングだけに留まらず、キッチンや洗面所といった水回りも挙がってくることでしょう。

そのような場所で使う収納アイテムは、カビやサビが付いてしまうような素材は避けて、通気性の良いものや、水で丸洗いなどができる素材のものを選ぶようにしましょう。水回り環境を清潔に保ちやすくなります。

デザイン性の高いものや、天然素材で作られたものはリビング回りなどで使ってみるようにしましょう。

 

ポイント5:ロングセラーの収納アイテムを選ぶ

収納したいモノが増えてくると、後から収納アイテムを買い足すという場面が必ず訪れます。

このようなシーンをあらかじめ想定しておき、各メーカーから販売されているロングセラーアイテムを選んでおくと、収納アイテム自体が廃番となってしまい、収納アイテムがちぐはぐになってしまった・・・という状況に陥ることが無くなります。

また、ロングセラーアイテムとなると前の型番とでも併せて使えるように設計されることも多いため、例え今は廃番となってしまっているものであっても長く使い続けることができます。

暮らしが変わっていくとしても、いつでも買い足して使っていけるロングセラー(定番)アイテムを選ぶようにしましょう。

 

ポイント6:収納アイテムを使わないときの仕舞い方も考える

食料品や消耗品等の収納ボックスとして使う場合、ときにはモノを納めずに部屋の一画に保管しておくこともあることでしょう。

中身が何も入っていないのに余分にスペースだけ取ってしまうとなると無駄に感じてしまいますよね?

ですので、収納アイテムを購入する際には、収納アイテム同士を重ね合わせて保管できるかどうか、収納アイテムを折りたたむことができるかなども確認するようにしましょう。

リスから販売している「トランクカーゴ シリーズ」はモノを収納しないときは重ね合わせて保管することができますし、逆に積み重ねてスタッキングすることも可能となっています。

 

「トランクカーゴ シリーズ」が気になった方はこちらをチェック!

また、「折りたたみコンテナ シリーズ」は名前の通り、折りたたむことができるようになっているため、使わないときには小さくたたんで仕舞っておくことができます。

「折りたたみコンテナ シリーズ」が気になった方はこちらをチェック!

まとめ

収納アイテムの選び方を一挙にご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

収納アイテムは長く使い続けていくものですから、せっかくなら「ずっと使い続けたい!」と思えるものを見つけたいですよね?

リスでは今回ご紹介した収納アイテム以外にもさまざまなものを販売していますので、ぜひお気に入りのアイテムを見つけてもらえればと思います。

 

リスの収納アイテムを見る

 

わたしたちは
「くらしをつくるモノづくり」の会社です

リス株式会社は1986年創立された
プラスチックの日用品メーカーです。
時代によって変化する、くらしに寄り添った商品を
メーカー直販でお届けいたします。